新車よりお得な未使用車って何!?

海02 海03私たちが新車を購入する時は顧客から注文を受けたディーラーがメーカへ発注し製造された車がディラーに納入され名義登録を行いナンバープレートを発行しユーザーのもとへ納車されるか、ディーラーがメーカーに見込発注を行い車を確保してユーザーに販売するケースが一般的な流れです。これに対し何らかの理由でメーカーからディーラーへ納入された新車が売買契約をした顧客がなく納入先が未確定のままディーラー名義などの名義登録をしてナンバープレートを取得したうえで在庫を持ち販売している車のことが未使用車といわれています。
このような状態の車はナンバープレートを取得してしまっているので法律上の区分としては中古車になりますが、当然この車を運転する固定されたオーナーがいるわけではないのでほとんど公道を走行することはなく中古車とはいえ走行距離も数十キロ程度、また日常的にドライバーが運転席に座ったり車内に装備されている機器類を操作することは少ないので、外観の汚れや劣化は少なく内装も綺麗に保たれていて車全体のコンディションはほぼ新車と変わらない状態となります。このような極上のコンディションにもかかわらず中古車扱いとなってしまうので販売価格は安くなる為、購入者にとってはメリットのある非常にお買い得な車となります。