未使用車の定義

未使用車は名義登録後に何らかの理由で使われていない車です。状態としては新車に近い状態であり、走行距離は数キロ程度です。扱いとしては中古車になるため、中古車販売店などから購入します。この車は顧客が注文した後にお金を払えなくなるなどでキャンセルしたことが原因できることがありますが、大半は販売店が販売ノルマを達成するために購入したことが原因です。
新車同然でありながら価格が安くなっているのが特徴であり、保証などはそのまま引き継がれます。また、自動車取得の際に発生する重量税が不要になり、取得税も割安になります。ただし、販売店によってはこの税金を払わせようとする場合があるので注意します。
メリットだけでなくデメリットも存在します。名義登録から数か月経過しているため、車検までの期間が短くなっています。既に組み上がっている車であるため、車の色は在庫としてあるものからしか選べません。製造時に組み込まなければならないサンルーフなどのメーカーオプションも利用できません。オプションが付いている車もありますが、数は多くありません。また、注意しなければならない点として、中古車であるため新車購入時のような値引きが期待できません。そのため、新車購入時の値引きも考慮して価格の比較を行わなければ、新車よりも高くなってしまうことがあります。

コメントは受け付けていません。