未使用車と新古車の違い

名義登録だけ行われ、その後誰にも使われていない新車同然の車を未使用車と呼びます。また、新古車と呼ばれるものもありますが、この2つの違いとしては名称だけであり、全く同じものです。新車なのか中古車なのか分かりにくいということから、法律で商用での利用が禁じられ、現在では未使用車と呼ぶのが一般的です。
法律上の扱いとしては未使用車は中古車になり、中古車販売店で購入します。このとき、走行距離はチェックする必要があります。通常は名義登録だけされている車を未使用車としますが、一部の販売店では試乗車を未使用車として扱うこともあります。しかし、試乗車は新車と比べると状態が悪くなっています。これは試乗で走行しているため、走行距離を見ることで判別できます。インターネットなどで未使用車の検索を依頼するサービスを利用する場合、備考で走行距離についても言及しておくと良いです。
未使用車は在庫からしか選べませんが、希望するものがあれば新車同然の車を安く買え、取得時に発生する税金なども抑えられるメリットがありますが、新車のような値引きができません。そのため、価格に比較をする場合には新車と未使用車の両方の見積もりを取る必要があります。

コメントは受け付けていません。