未使用車を購入する利点と欠点

新車を購入しようとする際によく目にするのが、未使用車という言葉です。軽自動車を選ぶ際に特に見かけるこの未使用車とは、中古車とは違って新車に非常に近い状態であるのが特徴です。新車として販売されてからほとんど乗られていないのが大半で、車内もきれいな状態なので購入の際には検討したいものです。
未使用車を購入することの最大のメリットは、その販売価格の安さにあります。同じ車を新車で購入する場合に比べると、わずかですがより安く売られています。それでいながら車の状態は新車同然なのですから、少しでもお得に購入したいのであれば選ぶ価値は大いにあると言えます。安さに加えて、税制上の利点もあります。未使用車はすでに登録された車であるため、新車を購入するときに支払う重量税などがすでに支払われています。それを買うことになるので、通常なら自分たちが払うべき諸費用を抑えることにもつながるのです。車購入の諸費用は意外と大きなものですから、この点でも利点があると言えます。
未使用車のデメリットはそれほどありませんが、強いてあげるなら購入できるボディカラーが限られていることです。未使用車として展示されている車の中からしか選べないので、自分が欲しいカラーがない場合には妥協するしかありません。新車購入時に指定できるオプションパーツなども、自分で購入して取り付けることになります。

コメントは受け付けていません。